スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅 2012 夏編

fc2blog_2012080208503575f.jpg



「続きを読む」の所に気が向いた時、途中経過更新中!
↓↓↓↓↓↓↓↓


いよいよ出発じゃいベイべ!

やっとこさ高速


これからガッツリ走ります。

気がつきゃ日付も変わってた。

さっき関門海峡渡って今大司。

ってか大司って何処?
山口県?
少し眠くなってきた。

今、星降る街「下松」到着。


それはそうとさっき山口南IC付近で事故があっとった。
反対側の下り線やったけど、追い越し車線にミニバンらしき車がトラックに半分潰された状態で止まってて、ガラス片が上り車線にも散乱してた。


午前3時過ぎ…

ようやく第一の目的地到着。

第一目的地は

山口県が誇る巨大テーマパーク型?ファミレス?
「いろり 山賊」

以前家族で来て、料理が出てくるまでの時間が長すぎて以来嫁さんが絶対行か無いというので幻になってしまった山賊…。

今日、このチャンスを逃したら次はいつになるかわからない…って事で、高速を一度降りてきちゃった(笑)

お客さんは私を入れて3組。
席について、伝票をスタッフさんに渡すと、5分位で料理が登場。

山賊焼きと山賊そば

もう少しかかると思っていたのでい意表を突かれた。

味は「それなり」(笑)
でも、鳥は前回みたいにパサパサして無かったし、思いのほか蕎麦が旨くて結構満足。

10分ほどてパパッと完食。

そして、江戸っ子もビックリする位サラッと店を後にする俺…。

クール過ぎるぜ!

でも、本当はもっとゆっくりと山賊を満喫したかった気もします。

とりあえず、ありがとう山賊!

で、本日最後にたどり着いたのは沼田PA


流石に眠いので今日はここで寝ます。
おやすみなさい。

8月4日
おはようございます。
昨日はシートの段差が気になって寝られんかったです。


でも、とりあえず出発。
本来なら山陽自動車を最後まで走って大阪に入るところでしょうが、今回は途中から岡山道から中国道に入る事にします。

岡山道に入ってしばらく走るとある高梁PA。


なーんにも無いPA。
でも、岡山道を経由してわざわざ遠回りした理由はこのPAにあります。


一枚のスタンプ…全てはこのスタンプのため…

普段走る時はわざわざ遠回りしませんもんね。
だけんある意味幻のスタンプ。
今回、そのスタンプをGET出来てめちゃ嬉しいです。

その後「勝央」で給油して、次に向ったの中国道は「上月PA」。


小さなPAですが、高速のPAやSAが載ってるサイトでココの「猪肉蕎麦」と「ステーキセット」の写真がとても美味しそうに見えたので、昼飯がてらよりました。

残念ながら猪肉そばは無かったのですが、「ステーキセット」を無事GET。

味は普通。しかし、おかわり自由で850円とコスパ高めの一品でした。

大津SA
考えたら初めて行くSAです。

琵琶湖がよく見えるSAでした。

琵琶湖って初めて見たかも…

この日の昼頃嫁さんの実家に到着して、その後は親戚の家などをまわって一日が終了しました。

8月5日
今日は一日オフの日。
朝からのご飯が鮎の塩焼き・岩魚の塩焼き・滋賀県の名物の鮒寿司と豪華だった。




特に鮒寿司は初体験。
噂には聞いてた臭いにかなり面食らいましたが、せっかく高級品を用意して下さったお義母さんの手前「無理」とは言えず、意を決して口の中へ…

…。
……。
………。
…………く、臭い…。
滋賀の皆様すみませんm(_ _)m
悪気は全く無いのですが…においと言うか酸味がダメでした。

でも、一枚だけでやめたらガッカリさせそうだったので、追加でもう一切れ食べて、涙目で「お~これは珍味ですね~!初めて食べましたよ~」とかいって場の雰囲気を壊さないようにしながらコッソリとフェードアウトしました。

昼からは近所のスーパー巡り。
スーパーってのは地方色豊かで楽しいです。
鮮魚コーナーには長崎であまり見かけない川魚が豊富に並んでいたり、近江牛の産地だからか肉の種類が色々あったり見てて飽きません。
お盆用品のコーナーにはパックに入ったお供え物?の野菜があったりして

文化の違いを感じることが出来て楽しかったです。

スーパーを堪能した後は琵琶湖へGO。
本来行く予定は無かったのですが、スーパーで子供たちが知らんうちに試供品のコロン?を、しこたま試供なさったみたいでそのにおいに耐えきれず、子供を洗いに琵琶湖に行って来ました。

琵琶湖って波もあるし、デカイし海みたいでした。

子供洗いの後は餃子の王将で中華料理を腹パンパンに食べて帰宅しました。
餃子の王将の餃子最高でした。


8月6日
いよいよ帰路です。

朝6時に出発予定でしたが、チビ達を車に乗せるのに手こずり出発したのは7時。
想定内です。

今日のルートは高梁PAの反対側のスタンプGETを目論んで来た時の逆ルート。

まずは中国道の上月PAを目指して一気に車を走らせます…が、子供達からかかる「オシッコ~」の声。
「お前らあれ程乗る前に…」と思いますが、怒りを抑えて中国道「社PA」にてトイレ休憩。


ようを足したらすぐさま出発。
そして向かうは「上月PA」。

本当は他のPAでも良かったのですが、上り線に無かった「猪肉蕎麦」が下り線にはあるかもと思ったのですが、ありませんでした。
仕方ないので「上月ラーメン?」みたいな名前の醤油ラーメンを注文。

シンプルでアッサリしてて美味しいラーメンでした。

今日は車をジャンジャン進めないと、帰りが遅くなるのでドンドン進みます。

すると山陽道に入った辺りで周りの車が急にスピードを落とします。
「何?」と思ってよく見ると数台前にパトカーと白バイがいらっしゃる。
ついさっき勢い良く抜いて行ったゴツい車もパトカーを抜かずにキチンと列に並んでる(笑)

スピードは100km/h弱…。
追越し車線はガラ空き…。

見ているとだんだん追越し車線が自分に語りかけて来ているような気になってくる…。
「お前なら行ける。お前なら出来る。」
追越し車線が語りかけてくるその言葉を何度も振り払いますが、「100km/hちょいで時間をかけていけば大丈夫じゃん?」と言う言葉が頭の中に浮かんで来て、次の瞬間にはウインカーを右に出していました。

まず、すぐ前の白バイを無事にクリア。
次はその前のパトカーに狙いを定めジリジリと追越しにかかります。
まず、横に並び、ジワジワ抜いて行き、車両後部がパトカーより前に出て、車間をある程度とって、後は走行車線に戻るだけ~俺もしかしてヒーロー?
って時にパトカーから「長崎ナンバーのセレナ!長崎ナンバーのセレナ!ここは80km以下で走りなさい!80km以下走りなさい!」と、お叱りを受けて、急いで走行車線に戻ると先ほどのパトカー&白バイ、そしていつのまにか来ていたもう一台のパトカーに↓みたいな感じで挟まれたまま

パトカー
白バイ
自車
パトカー

いつ止められるか?とドキドキしながらICを二つほど↑このままの隊列で走りました。
結局捕まらなくて良かったです。

色々ありましたが次の宮島SAに無事到着。


平清盛で盛り上がっている?宮島。
まずはショップ前に置いてある顔抜き看板?で記念撮影。


皆さんそれぞれ楽しそうだったのですが、よく見ると鹿さんが少々不満そうな顔していました。

もっと大きくなったら姫様できますよ。

ここでは手軽に名物のアナゴを味わえるって事で「穴子蕎麦」と、先日立ち寄ったいろり山賊でたのめなかったもう一つの名物「山賊にぎり」をチョイス。




でも…穴子蕎麦がなんか生臭い感じがして作った人には申し訳ないのですが、あまり美味しく無かったです。
カキフライ丼にしておけば良かったと少々後悔しました。

でも、宮島は厳島神社の鳥居を模した鳥居があったり、そこには厳島神社が見える双眼鏡が無料であったり、


子供たちを遊ばせる公園があったり、「あげまん」なるもみじ饅頭を揚げた饅頭があったり、


で、結構楽しかったです。

宮島で十分遊んだら後は九州を目指すだけ、夕方に関門海峡を渡り、途中事故渋滞に巻き込まれましたが、暗くなる少し前に金立SAに到着。

予定ではここで夕食を食べる事になっていましたが、あまりお腹が減っていなかったので、パンなどを買い込み直ぐに出発。
午後8時過ぎ諫早ICを降りて、午後9時過ぎ、無事に家に到着しました。

結構つかれましたが楽しい小旅行でした。

今回の旅行はこれで終わります。
後日少しづつ手直ししようと思ってます。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

それでは~♪


おまけ

~今回の教訓~
トイレ休憩は極力小さいPをチョイスする。

ゆっくりとした休憩は大きいPが楽しい。

美味しいものはマイナーなPに多い。
また、マイナーなPにはお買い得なものも多い。

大きなPのオススメ的な食べ物又は名物はあんまり旨くない。

親友から教えてもらったエスプレッソソーダ
516-1.jpg
これはやめとけ!(笑)

最後に・・・
パトカー又は白バイは抜かない方がいい(笑)

以上。

コメント

Secret

プロフィール

ぷりお(purio)

  • Author:ぷりお(purio)
  • 「ぷりお」もうすぐ40代、嫁一人、娘四人、趣味:釣り、好きな俳優 中尾 彬。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
カウンター 2011.12.21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。