スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早崎釣行06・04・16

ども!ぷりおです。
昨日「早崎」にて釣行してネタが出来ましたので更新します。
2de2.jpg



本当は前日の仕事帰りに行くつもりでしたが突然の用事でこの日になりました。
当日は我慢できず朝3時半に目覚めて「交通安全週間」という事もありゆっく~りと口之津へ向かいました。
途中数件のコンビニに立ち寄り時間を潰し5時頃実家へ到着。
裏口から入り釣具を車に積み早崎へ向けて出発~約5分後釣り場へ到着、そそくさと身の回りの用意を済ませて移動~無事釣り座確保(嬉)。

海を見ると最干潮から少したった位なんでフカセをするには少々早いかな?と考えてルアーを投げる。(結果ルアーでは何も釣れず)

しばらくして潮が満ちてきたのでルアーを止めてフカセに変更。

そして「プレシオ」登場!
907a.jpg
↑ジャジャ~ン(嬉)

今日の釣行は全てこいつのデビューの為(←地磯ってのが少しセコイですが。)
「行けーーー!プレシオぉぉぉー!!!」
「プレシオっいきまーす!」
とか独り言をブツブツ言いながら竿を伸ばしリールと仕掛けをセット完了!

竿を手に持った時、丁度朝日が紅と漆黒のボディーに反射してキラッっと輝く!
「おおおおぉぉぉ~」
と周りから地響きの様な歓声があがる。(本当は自分一人・・・)

まさに「おいらを使いこなしてくれ・・・。」と竿が私に語りかけてきているような(「腕前をあげてくれ」と懇願しているようなとも言う)そんな気がした。

「了解プレシオ」
プレシオの叫びに応えちゃる~!と嫌がおうにも燃えてくる。
「ぬぉぉぉぉぉぉ~」
意味の無い唸りと共に餌も付けずに記念すべき第1投、軽く投げたつもりが「ぴゅー」と思いの他飛んだ。
「ひょぇぇぇぇ~」
その飛びに少々驚いたが竿の使い心地のインプレを書かなくてはいけないので冷静になぜ飛んだかを「分析」・・・・ポク・ポク・ポク・ポク・チーン出ました。

プレシオの使い心地その①
○良く飛ぶ

次に餌をつけて実釣開始。
しかし・・・えっ?餌が無い・・・・(泣)
完璧に忘れてました・・・「餌」を・・・
「なまいき君」を購入して冷凍庫に入れていたのですが、冷凍庫から出すのを忘れてました。(しかし、冷凍庫から出してどこかに忘れるよりもましかな?と自分を慰めました。)
「お~っとぷりお選手ここで大きなロスタイム~」
との自分実況つきでマキエの中から出来るだけ良いオキアミを選んで準備完了。

「はぁうっ」と奇妙な掛け声とともに仕掛けを投入して今度は本当に釣り開始、少し遠投した仕掛けを戻して流れにのせる。・・・15分経過・30分経過・・・やがて1時間経過・・・時間だけが過ぎる。
「なぜ?餌取りも居ないの?」
そう思ったが上げの流れがゆるんできた時ウキが水中にスッと消えた。
アワセを入れると上手くハリが掛ってくれて上がってきたのは20cm位のアラカブちゃん。
「何か~アラカブか~」そう思ったがその割には竿を持つ手にはもう少し大きな魚の様に感じた。
おっこの竿の感触はあの竿に似ている・・・。
ここで使用感②

プレシオの使い心地その②
「小さい獲物が大きく感じるって所が何か釣技の使い心地に似ている。」

「ありがとう」記念すべき初の獲物のアラカブちゃんにお礼を言って海に帰ってもらい活性が上がってきた海に期待を抱き仕掛けを投入。
すると今度はウキの動きが止まったと思うと少し間をおいて「スーーー」と海中に消えていった。
反射的に竿を立てると「ググッー」と嬉しい魚の躍動感!
「こいつは間違ってもアラカブじゃなかばい♪」
そう思いながらやり取りし程なくタモに収まったのは銀色に輝く
チヌちゃん

c538.jpg
↑ピンボケです。

しかし、微妙・・・何が微妙かと言いますと
メイタかチヌかのライン上。
40cmをメイタとチヌの境界線とすると微妙なところにこいつは位置している。
手で測ったら40cmはありそうなのだが、家でキチンと測ったら縮んで40cm無いかもしれない・・・この場合どうしたら良いのだろう?

①どうしてもチヌと呼びたいのでこの時点で手をあてて測った感じを記録とする。
②家でキチンと測って40に足りない場合潔く「メイタ」と呼ぶ。

で、私が選んだ道は「①」。
「汚れてる!大人って汚いわ!」
そんな声も私の耳には届かない~。だってチヌかもしれないじゃ~ん。
それにGPでトップを取るか取らないか?の大きさだったら目分量って訳にはいきませんが、そうじゃないので許してね。
って事でチヌ決定!

そんなこんなしてたら潮どまりを向かえたのでココで朝食タイム
私のジンクス「魚系の食事を持っていくと吉」を実行し買ってきた「マグロおにぎり」をほおばりながら海を見ているとデッカイ魚が海中を泳いでいるのを発見!

その魚は「1m位あるボラ」(←多分)
「でっ、デッケー!!」
少々ビビッたものの「その魚をかけたらどんな感じだろ?」と期待に胸が膨らむ。しかし今日は「チヌが釣りたい」そう思ってココへ来た!だけんチヌば釣る!と自分に言い聞かせボラを諦めた。

やがて潮が動き出し待望の下げの流れが目の前を駆け抜ける。
「潮の動き出しが肝心ばい」
と仕掛けを流すとすぐにウキが消える。
アワセを入れてあがって来たのは「べラくん」、もちろんリリースして打ち返すとまたもやアタリ、であがって来たのはまたもやベラ君。
という事でマキエと仕掛けの投入点をもう一度考え直して仕掛けを投入、すると今度は「シュパッ!」と気持ちが良い勢いでウキが消える。
今度の獲物はトップに貼った「ガンバちゃん(クサフグ)」。
「おいおいおいおい・・・」と思うが顔を見ると結構可愛い。
ポーンとリリースしようと思ったが思わず記念写真を撮ってその後「ふな通」の皆さんに言われたように「今度は大物を連れて来てね?」と言い聞かしやさしく海へリリースしてあげました。

それから2~3投後です、仕掛けを下げの潮にのせて20mぐらい流していた時でした。
今まで流れていたウキがゆっくりと止まり、フワっという感じで水中に入りました。
アタリと思いアワセを入れようと思いましたが「もう少し食わせてから」と考えワンテンポ待つと海面直下で止まっていたウキがスーっと海中に消えたので「ヨシっ!」とアワセると「ドンっ!」と重く強いアタリが!!
「なんなこら!」
一瞬焦りつつも竿でタメる。
早崎では異次元のアタリにビビルが竿にはまだ余裕がある。
「よし絶対に上げてやる」と心に誓いやり取りを開始するが次の瞬間「ぷちっ」と嫌な感触と共に竿が軽くなる。

いや~悔しかった。マジで悔しかった。
でもココで竿のことがまた一つ解った。

プレシオの使い心地その③
○号数の割には強い竿

いやいやそんな事よりさっきの魚は何だったんだろう?
後々落ち着いて状況を考えたら「メーターボラ」の確立が高いと思うのが普通でしょうが、私はここであえて「巨チヌ伝説」を唱えたい。(←何の為?)
それはいつかは移住する口之津で過ごす日々をモービィ・ディックを追い求めるエイハブ船長のように、はたまたルパンを追い続ける銭形警部の様に巨チヌを追い求めて過ごす為に・・・。

ってひたってないで話を元に戻します。

で、謎の魚にハリスを切られあまりのショックと悔しさにしばらくはただ悔しがっていたのですが「潮はさっきよりも良いしまた来るかも?」と思いただちに仕掛けを修正してもう一度巨チヌを狙う為に仕掛けを再び入れた時でした。

いつの間にか近くに来ていた若者が私に「ココ何か釣れますか?」と聞いてきました。私は何気に「ああ、チヌとか釣れますよ。」と答えました。
全然気がつかなかったのですが良くみるとその若者は仲間数人と遊びに来たようで服装などから「ドライブ?」って感じでしたが、私から「ここでも釣れる」という情報を聞いたその若者は仲間に向かい大きな声で
ここ釣れるって~
と叫びました。
すると車3台の中から計8人の仲間がホームセンターで売ってあるような竿とリールがセットになった釣り道具を持ってきて私の潮下へ陣取りある者は「ぶっこみ」で私が仕掛けを流すライン上へドッポンドッポン仕掛けを投げ込み、またある者は私の真横からフナを釣るようなのべ竿の仕掛けを垂れる。

「もうだめぽ」

今からって時なのに・・・(泣)

って事で終了~!

脱力が怒りに変わる前に10時半に終了しました。
帰り道車の中で「一匹釣れたけんよしとしよう」ずーっと自分に言い聞かせていたら車のスピーカーから「~はじめは誰でも素人~どんなプロでも~♪」と言う歌詞が流れてきました。




コメント

折角作ったポイントを壊されましたか…そのまま静かな釣りができていると…「巨○」が…残念だったですね。しかし、価値ある1枚ゲット、おめでとうございます!これは、間違いなくチヌですよ!

あぜぼーさんどうも!

本当苦労して「今から!」って時に・・・で、とても残念だったのですが、色々言ってもコレばかりは理解できないでしょうから仕方ないですよね。
まあ、全然釣りを知らない方から見たら私の右側はずーっと空いているわけですから・・・。
また、チャンスは何回もあると思いますし、かけても私の腕前じゃ絶対に上げきらんと思いますので今回のバラシは神様が私に「ココにはデカイのがおるけん日々精進して腕をあげて来なさい。」と言っているんだと思い頑張って練習します。

本当は今回のブログはプレシオのレビューを書こうと思ったのですがプレシオの事は書いてなく何時ものようにダラダラとした長い文になってしまいスミマセンでした。
Secret

プロフィール

ぷりお(purio)

  • Author:ぷりお(purio)
  • 「ぷりお」もうすぐ40代、嫁一人、娘四人、趣味:釣り、好きな俳優 中尾 彬。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
カウンター 2011.12.21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。