スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣行記5 早崎 紫竹の港 07/01/27

仕事を終え、釣り場に向かう為にエンジンをかけた。
スピーカーからはThe Modsの「激しい雨が」が流れている。

激しい雨が俺を洗う
激しい風が俺を運ぶ
激しいビートが俺に叫ぶ
何もかも変わり始める~♪

何時聞いても良い曲だ。特に↑のサビの部分は最高に気持ち良い。

Modsのお陰であっという間に釣り場に到着。
車の中からいつもの釣り座を眺めてみると・・・・・んぁ?
「波かぶってるじゃ~ん」
この悪天候の中予想はしていましたが、いつもの右側の防波堤は思いっきり波に洗われていてとても釣座をかまえる事は出来ない状況でした。(泣)

ですが・・・
左側の防波堤を見てみると、右側の防波堤で上がった飛沫が少~し風に流されてかかるくらいだったので車を降りて確認に向かいます。
290e.jpg
↑左側から見た右側。?(波が上がっている切れ目がいつもの釣り座。)

防波堤の先端まで行ってみると風は轟々と海に向かって右から左に向け吹き付けますが、防波堤を波が洗うという事は無いようです。

ここで頭の中に二つの選択肢が浮かんできました。
①「悪条件下での釣行」の訓練の為ここで釣る。
②風裏の釣り場を探し釣果を求める。

後で冷静に考えれば②の方を選ぶのが良かったかな?とは思いますが、この時の私は「激しい雨」のサビの部分に触発されていた為か①を選びました。
準備を終え釣り場に向かう途中にあいさつを交わした作業員風のおじさんの「ここじゃ釣りにならんやろ?」の言葉にも「大丈夫!練習ですよ練習」と聞く耳も持たず意気揚々と釣り座へ向かいました。

最初は何時ものようにルアーを投げました。
が、横からの強風のお陰で思ったところに飛んでくれません。
思いっきり前に投げるもルアーは遥か左手に・・・・
ならば!と今度は風を計算に入れて右方向に投げるも・・・風に押し戻されてルアーは足元に落ちる始末。
折角の一面に広がるサラシの為にとその後数十投しますがギブアップ!
あっさりとフカセに切り替えます。

この頃から更に風が強まり「竿を伸ばすのも一苦労」という状況になってきましたが何とか仕掛けを作り、マキエを投入します・・・が、これも全然飛ばない・・・。
左手の練習を諦め右手で投入するも・・・ダメ!
仕方が無いのでマキエが届く範囲で釣る事にしました。

潮は左から右へゆっくりと流れています。
しかし、風が右から左に轟々と吹くのです。

仕掛けを入れるとたちまち潮上の方へ持っていかれます。
潮受けゴムをつけても持っていかれる。
ウキを少し沈めて道糸&竿先を海中に突っ込んでも風によって出来た表層の流れと足元の返す波の力で仕掛けは潮の流れに逆らって潮上へ潮上へと持っていかれて「ど、どこ行くの~!」って感じです。

「これではマキエと仕掛けの同調なんて無理じゃん?」
と思った時ある事に気がつきました。

何に気が付いたかと言いますと
(潮上に動いていく事を除けば風と潮の動きが反対のお陰で、ウキから下はキッチリ一直線)って事。

「これはもしかしたら?ウキが動いてくる場所に先回りしてマキエすれば交差する時同調するんじゃないの?」
と思いやってみると、これがなかなか良い感じでだった様でウキに反応が出始めました。

で、今日最初の獲物はコレ↓。
VFSA2119.jpg
本当に落ち葉サイズの木っ端ちゃん。

大きさ的にはかなり不満はあるものの、これでデカイ獲物も動き出した~♪
と前向きにとらえればやる気も上昇!
それに伴い波高も上昇?
気が付けば正面を向いたままで竿を小脇に抱えての餌付けは既に不可能。
その上、隣からの飛沫が束となり頭のうえから降り注ぎかなりズブ濡れ状態。
でも、今日のおいらは負けません。
すべてはGPエントリーの為。
頭の中で無限ループ再生されている「激しい雨が」のおかげか?
むしろ波を被る度に「喜び」の域に達するその名も「M釣法」ですばい。

その甲斐あってか?
今度はウキがシュパーっと一気に沈みました。
んで、あがって来たのは
VFSA2120.jpg
さっきの木っ端ちゃんよりも少しだけ大きな「メバルちゃん」。
・・・微妙・・・でも釣れてくれてありがとう。

気を取り直しての一投。
今度はウキがモゾモゾしてスーっと消える・・・。
これじゃ!このアタリじゃ!と叫びながらアワセを入れるとガッツリ針掛り~!
んで、あがって来たのは










VFSA2122.jpg
き、君ですか~(泣)。

「つ、つぎこそは!」
そう思いながら投げた仕掛けは暫く海面を流された後、ゆっくりと海中に沈んでいった。
「今度こそ来たばよ~!」
とは思うがウキは海面下で止まりその後なかなか食い込んでくれない、そこで竿の先でそっときいてみると、ガツッとウキを消しこんでくれた~うほほ~い♪










しかし、無常にもあがって来たのは
VFSA2121.jpg
さっきのやつより少しだけ大きくなった気がするガンバちゃん(泣)。

結局、後はガンバちゃんしか釣れず・・・今日も抜けれぬガンバ地獄・・・。

帰り道「もしかしたら、ガンバに憑かれてるのかな?」そう真剣に考えた今回の釣行でした。

(おしまい)

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。
それでは~♪


コメント

Secret

プロフィール

ぷりお(purio)

  • Author:ぷりお(purio)
  • 「ぷりお」もうすぐ40代、嫁一人、娘四人、趣味:釣り、好きな俳優 中尾 彬。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
カウンター 2011.12.21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。