スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣行記録2 IN P浜 07/01/07

ど~も~ぷりおです~♪

7日の日、昼まで仕事だったんですけどその後の予定がキャンセルになり時間が出来たので釣りに行ってきました。

場所は当初「早崎」を予定していたのですが当日は海が時化ていて釣り座が限られる為か行ってみると思ったよりも人の出が多く、まだ数箇所入れる場所は有ったものの誰にも邪魔されず一人でのんびりと釣りたい気分だったので早崎を諦めていつものP浜にまだ見ぬ獲物を求めて行ってきました。

「家の前に釣りに行くのにえらい遠回りしたな~えへっ♪」って思いながら家に車を停め浜を歩き釣り座の岩まで歩くと問題発生~!
「うぉ~まだ海やん~」
P浜の岩

何時も釣り座になる岩を見てみると下げの五分を超えたのに岩はまだ海から少し頭を出しただけで(赤丸の所)そこへ渡る為には腰位まで海に入らないと行く事が出来ません。
一瞬「ん~行ってみようかな?」
とも思いましたが後の事をよ~く考え思いとどまり、他に釣り座が無いのでゆっくり準備をした後、遠投の練習も兼ねて後方から仕掛けを入れる予定の地点へマキエを投入して時間を潰しました。



 
30分後、膝まで浸かれば何とか手前の一番大きい岩までは渡れる様になったので移動して釣り開始、潮は下げで右から左へと流れています。

本当は20m程沖にある海草の生えた沈みと、目の前にある岩の海中に張り出している根の間に仕掛けを流そうと思っていたのですが、実際やってみるとこの釣り座からでは目の前の岩が邪魔になってどうしても思った釣りが出来ません。
仕方無いので足元を釣って見るとやっぱり「彼ら」が登場!
ガンバ!!
ガンバ!
ガンバ!
ガンバ!
ガンバでガンバ♪
と、一投ごとにガンバ君。
よみがえる先日の「無限ガンバ地獄」
しかし何のアタリも無いよりは多少マシかな?と思って最初は彼らと遊んでいたのですが次第に二匹に一匹の確立で針を飲み込み、あの鋭い歯でハリスを切っていくやんちゃぶりが嫌になり場所移動、よーく目を凝らし海中の足場になる石を見つけて当初の目的である岩の上に何とか移動成功!やっとで考えていた釣り方ができます。
時計をみると午後3時半たしかこの日の最干潮が5時ちょい過ぎくらいだったと思うので潮が止まるまで大体後1時間位かな~?と思い横流れの潮にマキエを入れて自分より少し潮下で仕掛けと合わせてそのまま流していくするとウキがゆっくりと海中に沈んでいく・・・
「来たかも?」
ワクワクしながらアワセを入れると魚の感触・・・
「うぉりゃ~おらの思った通りだなや~じっちゃん!」
と少し興奮するもあがって来たのはベラちゃん・・・(泣)。

「でもよ~ベラのタナ=チヌのタナってふな通で勉強したけん、おら知っとるとやもんね~♪」
と、自分を励ましての第二投。
ゆっくりと仕掛けが潮下へ向かって流れて行く。
流れ流れて・・・って・・・何のアタリもありません。
さっきまでウジャウジャいた私の愛するガンバ君達の姿もどこかへ消えています。
仕掛けを回収すると餌も丸々残ってきます。

もしかして・・・これは・・・チャンスタイム?とはやる心を理性で抑えて仕掛け投入・・・しばらく流すと海面にあったウキがゆっくり海中に沈む・・・ここでアワセを入れるが残念ながら素針~。
回収した餌を見ると沖アミが潰れている。

潰れている・・?何か昔読んだ本に書いてあったぞ・・・あれはたしか・・・「餌のかじられ方で魚種がわかる!」って記事やった・・・それによると潰れた餌は・・・・・チ、チヌッばい!

自分が今この日一番のチャンスタイムにいると思うと竿を握る手にも力が入ります。

いつも以上に慎重にマキエを入れて仕掛けを再投入。
これが、思った以上にビシっと決まり、投入後微調整すると「ぬぅぉぉ~」と仰け反るかと思う位に良いコースを仕掛けが流れてくれた・・・・しばらくすると先ほどと同じようにウキが海中に潜り始めた。
しかし、今度は直ぐにはアワセず暫く様子をみてみた。
するとゆっくり沈んでいたウキが「シュ」と走った。
すかさず竿を立てると、今度は「重い」。
キューんと糸が鳴く。
「やった~チヌばい~♪」
そう喜んだ瞬間、竿が軽くなった・・・・。どうやらすっぽ抜けたみたいだ。
8fdb.jpg


再度狙うも案の定アタリは無し・・・
潮も止まり、最干潮をむかえた磯に呆然とたたずむ男一人・・・(泣)
頬に吹き付ける風が妙に冷たく感じました・・・。

その後、潮が上げ潮に変わり、余ったマキエで諦めきれず釣っていると下のウミタナゴ&アジが釣れ・・・。
ウミタナゴ

アジ


ここはもしかしたら上げの方が釣れるとかもな~?
と、思った所で餌が終わりこの日の釣行を終えたのでした。

(感想&気づいた事)
○P浜は干満時間を考えないと釣り座までたどりつけない。
○P浜で思うように釣りをするにはウェーダーが必要かも?
○投げ釣りの方が好きな時間に行けるかも?

以上

長々&ダラダラと書いた文を最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは~♪


コメント

ウェーダー欲しいっすね。これがあればサーフからがんがんいけますばい。どーも、最近ルアーにウェーダーは必需品?と考えるようになってます。

サン○イにネオプレーンのやつが¥9800であったのでちと迷ってます。
あと同じくサン○イにナイロン製?のやつが¥3900であったので同じく迷ってます。

チヌ様?の当たり...冬場は喰いが浅いのでしょうかね?残念でした。でっかいお魚の写真があるのでは?...と期待しちゃいました(笑)逃した獲物は次リベンジですね♪ぷりおさん、時合をしっかり把握されたようで!次は狙って行けますね(^0^)/
頑張ってください。。

SHOZOさんおはようございます。
時合の把握だなんてまだまだです。
海の状況の把握も出来ていないのでどっちかと言うと自分の中だけの勝手な思い込みに過ぎんとですバイ。

あと、寒くなるとやっぱり食いが浅いのでしょうか?
と、言いますか・・・あのアタリはチヌ様?だったのでしょうか?約30%は根掛りの可能性有りです。(笑)

今回の釣行で思ったのですがやっぱり久しく釣りに行ってないと色んな事忘れてますね。
そんな所を補う為に暫くは口之津周辺の地磯に通い、色々な釣り方を勉強しようと思いました。

それでは~♪


Secret

プロフィール

ぷりお(purio)

  • Author:ぷりお(purio)
  • 「ぷりお」もうすぐ40代、嫁一人、娘四人、趣味:釣り、好きな俳優 中尾 彬。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
カウンター 2011.12.21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。