スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい

ども!ぷりおです。
今日の私はとても機嫌が良いのであります。
理由は待ちに待ったGyroさん(本名Roddy Gyro-200)が昨日届いたからです。
86b8.jpg

このGyroさん生まれは1960年代という事は37才~46才で私よりも年上です。
Roddyというメーカーはアメリカのメーカーらしいのですがリールの制作は日本の稲村製作所というところがやっておりました。※もしかしたら年代的にダイワかも?(後に稲村製作所はダイワが釣具事業を始める際に吸収されます。)と言う事は日本生まれのアメリカ育ち、もしかしたらこのGyroさんは世界を渡り歩いた末に私の手元に来たのかもしれません。(↑のメーカーの説明などは間違っている箇所が多数あるかと思います。御指摘お待ちしております。)
そう考えるとなおさら嬉しいっす。

6cc6.jpg

このGyroさんご覧の通り「ベール」がありません。
代わりに「ピックアップピン」が装着されています。
普段は1枚目の写真の状態で、投げる時に中指などを使って2枚目の写真の状態にします。
そして投げ終わってバンドルを回すとピンが元の状態に戻り糸を勝手に拾ってくれます。(←たいそうに書きましたが今のリールと同じ事です。)

f471.jpg

いや~調子に乗ってもう一枚行っちゃいました~。今度は後ろからです。
このGyroさんの良い所は他にもあります。
年齢のわりにはそれなりに肌が綺麗、足腰(機関)がしっかりしている。それと何より欠品が無い!ってのが良い所です。
古い物は何でもそうなのですが、もう現在は製造されていません。(一部を除く)
ですのでパーツに欠品や破損箇所があると大変です。
メジャーな外国製品などはアフターパーツなども充実しているのですがそれ以外はなかなかパーツ入手が困難です。
その点このリールは完璧です。(箱などの付属品は一切ありませんが、実際に使用してノスタルジーを感じるのを目的とした私には関係ありません。←そうだったのか?)
お魚のマークの後ろにあるネジを開けるとそこにピンの予備が入っているのですが、それもちゃんと入っておりました。

そんな点でも大満足のお買い物でした。
今日も帰ってクルクルします。

今日は長々と自己満足を書いてすみません。
それでは~♪

コメント

RODDY

こんばんは

古い記事に失礼します。

味のあるリールですね。

この200番は重量はどの位なんでしょうか??

なみ平さんこんばんは。

近頃はFacebookばっかりでこちらは全然更新せず申し訳ありません。

RODDYですが今度重さ計っときますね。
少々お待ちください。

Secret

プロフィール

ぷりお(purio)

  • Author:ぷりお(purio)
  • 「ぷりお」もうすぐ40代、嫁一人、娘四人、趣味:釣り、好きな俳優 中尾 彬。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
カウンター 2011.12.21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。