スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごくめんどくさいなりよ。

朝から雨の中びしょ濡れになりながらテンの散歩に行って寒い寒い・・・しかし、帰って来るなりPCで沢尻さんの写真をみてハートフルになった男、ぷりおです。

今日は先日から続く「船底カバー」の続報でございます。

その後販売店との間の話で
「自分で船底カバーの穴を広げ、余計な穴は自分で塞ぐ。」
って事になり一週間ほど前に穴を塞ぐ為の布地が送ってきました。

しかし、布地が送って来たところでやり方も何も分かりません。
で、仕方が無いので自分なりに色々調べてみたのですが、今日は同じ症状で困っている方がおられるかもしれないので何にかの参考になるかも?と思い下に書きますね。
ジョイクラフト「KE4-OR」の船底カバーについて。

材質
テントやトラックの荷台シートに使われている「エステル帆布」だと思われます。
(私、布地などには全く知識がありませんので「100%間違いは無い!」とはいえませんがホームセンター等を地道に回って手で感触を確かめて行った結果、荷台シートの「エステル帆布」ってのと同じ感触でした。また、これはジョイクラフト社の船底カバーに限った事ですので他社のカバーはわかりません。)

症状
船底カバーのキールを出す為の穴と船体のキールの位置が合わない。

原因
このズレの原因は性能向上の為の船体の仕様変更に船体カバーの仕様変更がなされていない為に発生します。

改良時のデータ(思いつくままランダムに書きます。)

○船底カバーの穴とキールのズレ。
船底カバーのつけ方で大分違ってくるのですが、約22cmカバーの穴の位置が船尾方向にズレている。

○方法
・船首方向にキール穴を約22cmハサミ等で切り広げる。(広げた穴の周囲を4cm×12cm×1枚、4cm×26cm×2枚の生地で補強する。)
・余った穴を約22cmカバーと同じ生地で塞ぐ。
・穴を塞ぐ生地は空いている穴よりも大きく切って使う。(私の場合12cm×26の生地を使い、穴の周囲にそれぞれ約4cmの張りしろを作った。)
・穴を塞ぐ生地及び補強する生地は接着剤で貼り付ける。
・使用する接着剤はボートについている補修キットに入っている接着剤を使った。(初めは接着剤選びに迷ったが附属のPVC用接着剤で頑丈に接着出来た。また、エステル帆布などのトラックシート専用接着剤があるみたいですが使ってないので何とも言えません。ちなみに「トレナーイ」で検索していただけば出てきます。また、今回の接着はエステル帆布をPVC接着剤を用いて接着した場合ですので他の接着剤や他の生地の場合は分りません。)

まあ、一応上記の改良作業をしていただけば快適に使えると思いますが、個人的には「キールの部分に穴が開いている」ってのが、「そこから海水が入ってきて船を陸揚げする時に大変そう」で、なんだか納得が行かないので今後はキールの部分を立体的に生地で覆ってカバー内部に海水が入らない様にしていこうと思います。
また完成したらお知らせします。

それでは~♪

コメント

段々と完成形に近づいてきたようですね。
その様子だと進水式はまだだったようですね。
出港したした時の喜びは、きっとトラブルを全て忘れさせてくれますよ!!
頑張って完成させてください~

徐々にではありますが前進はしています。
ただ、結構お金かかりますね~。
完璧な完成形までは後20万程かかるかもしれません。
しかし、最近「そこまでする必要があるのかな?」と悩んでおります。
目標としては早崎海峡横断仕様ですが。。

まっ、頑張ります。

あらっ!こちらのお仕事が忙しいのですね(汗)
進水式をめざして頑張って下さいね(^0^)ノ
ところで、お子さんたちは帰って来ましたかな?
ぷりおさんも、長く釣りに行ってないようですねぇ。。。悶々病にかからないように(笑)

そうです。こちらの仕事も忙しいのです。
嫁さん&子供達はまだ帰ってきてません。
OTRさんがおっしゃるように長い間釣りには行っていません。悶々病はとうの昔に通り過ぎました。
今、私の釣りに対する心の炎は「炭の置き火」の様なもの・・・。決して消えてはいないのですが心の奥底で小さく灯っているだけでございます。
しかし、一度空気に触れると一気に燃え上がります。
その、空気となる家族が早く帰ってきて欲しいものです。
Secret

プロフィール

ぷりお(purio)

  • Author:ぷりお(purio)
  • 「ぷりお」もうすぐ40代、嫁一人、娘四人、趣味:釣り、好きな俳優 中尾 彬。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
カウンター 2011.12.21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。