スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューリール。

こんばんは。

今日、釣りから帰って来たら、先日ポチッたリールが届いてました。


カーボストライカーST20っす。

大分昔のスタイルですよね。
ネットを徘徊してたらまだ現役で売ってるって事に思わずポチりました。

アンダースピンキャスト…レバーを引きながらキャスト時にレバーを離して投げます。

色んなレビューみたら、「巻きが重い」とかありましたが、普段使ってるリールに比べたら軽々ですんで全然気になりません。

噂ではライントラブルが少ないって事なので、早く使用してみたいです。


シンカーって言うか何と言うのか、ラインを巻き込まないやつもついてて懐かしいです。

釣りキチ三平に影響されて、空き缶に向けてキャスト練習した事を思い出しました。

実際使ったらまた感想書きますね。

…あっ、今日の釣果ですが、魚影全く見えずのズーボーでした(T_T)

また、明日朝からいってみます。

それでは♪
スポンサーサイト

OLYMPIC MC-1000 完結!

ども!ぷりおです♪

先日、パーツ

が、一つ余ったOLYMPIC MC-1000ですが、
余ったパーツを↓ ここ

に入れる事で完成とします。

そこに入れた理由としては、「古いリールの分解写真を色々物色してみたら、そこの部分に入れてあるのが多かった。」と言うのが理由です。。。

・・・違ってたらまた変えれば良いだけの話ですし・・・

・・・・そもそも、一般の人からしたらどうでもいい話しなわけで・・・(T_T)

世間の片隅で完成を祝う!

祝・完成!
パチパチ・・・


そ、それでは♪

オリムピック MC1000 完成…か?

ども!ぷりおです。



このリールは今から約5年程前にオークションで落札して、速攻で分解&清掃までしたものの、組み立て工程の途中にある「複雑なバネシステム」を組むのが面倒いので、なかなか手を付けず結局は5年程分解したまま常温保存してしまったリールです。


(↑なんかややこしくないですか?)

しかし、急きょ使いたくなって、ここ数日コツコツと組み上げておりました。

そして、先程ついに完成!

・・・か?と思った矢先


ん?何かある?


何故か取り残されたパーツが一つ…

どこのパーツ?と数十枚の分解時に撮った写真を見直すも該当パーツが写っている写真は無し…

だいたいの場所は見当がついているので一応装着しておいて、次に整備予定のリールもオリムピック製なのでそちらを分解してみて、同じような所に装着してみようと思います。


それでは~♪



(追記2011/8/23)
組み立て時の画像をココにUPしましたので良かったらお使い下さい。
なお↑記事中の「ワッシャ」に関しては後ほどUPします。

DAIWA SS5500

ども!ぷりおです。

早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きたい。早く釣りに行きた・・・うっ!

と、毎晩呪文のようにお天道様にお祈りしているのですが、日ごろのおこないが悪いのか昨夜も「雨」でした。

雨の日は・・・嫁もいじらずリールいじりです。

リールの話しが続きすみません。

昨日は「DAIWA SS5500」というリールを組み立てました。

c4f2.jpg

写真のデータを見ると、このリールを入手したのは2006年となってますので5年程寝かしていた事になります。

本当はすぐにでも使いたかったのですが、ハンドルの根元にヒビがあり、
c64c.jpg
分解したときポロッと取れたらどうしよう?とか、整備が済んでも実釣時負荷をかけるとイキそうかな?とか複雑な心配があり、結局は手付かずとなって5年間の常温保存となっていましたが、急きょこのリールを使用するシチュエーションが出来たため、リール先生(最近リールの事等を質問させて頂いている。リールに詳しい方)に問い合わせてみたところ他の機種からの流用ですが、使用できるハンドルを譲って頂ける事になり晴れて復活となりました。

古いリールは壊れたら代わりのパーツの入手が難しいです。
日夜オークションに目を光らせてみたり、色んな所に問い合わせてみたり、最後は自分で作ったり、と頑張ってみますが、専用の部品が一つ足りなくて復活出来ずに常温保存されているリールも多々あります。
なので今回ハンドルを譲って頂けた事はとても嬉しい事でした。リール先生ありがとうございました。
SS5500 パーツ ハンドル
(上がオリジナル、下がニューハンドル)
※もともとは「SS-No.2」というリールのハンドルです。

組み立てはパーツの洗浄等は終っていたので、写真を撮りながら、グリスを塗り塗りしながら一時間ほどで終了。
ダイワ SS5500 組み立て48
組み立て後ハンドルをクリクリ回すと大きなガタツキもなくカリカリと小気味良く回りました。
※試しに糸を巻いたところスプール容量は2号(8lb)の道糸が150mほどでした。←ぷりおあいまい情報。

これで50cmクラスのシーバスなんか狙ってみたいと思います。

また今回も組み立て時の写真を何枚か撮りココにあります。
何かの資料にお使い下さい。
※SS5500には逆ネジヶ所が2ヶ所ありました。

それでは~♪

ぷりお

Berkley 4200

ども!ぷりおです♪

雨で夜釣りに行けないので「リール」ネタが続きます。

先日購入した「Berkley 4200」
Berkley 4200 前001


基本的には日本製の古いリールが好きなのですが、以前よりこの「ハートマーク」のプレートが気になり、欲しいリールの一つだった事と、
Berkley 4200 前004
(なんかアメリカンでしょ?)

この「Berkley 4200」というリールは日本の稲村製作所(RODDYリール)という所が作り、BerkleyにOEMされていたもので立派な日本製ということで、今回入手出来た事にとても満足しています。
(逆輸入・・・おかえりなさい)
※同型の機種が「アメリカのHeddon社」にもOEMされました。←リール先生情報。先生ありがとうございました。
※稲村製作所は後にダイワに吸収されたような・・・されてないような・・・。←ぷりおあいまい情報。

まあどちらにしても、なんにしても、入手できて良かったです。

入手出来てよかった・・・
しかし、私の場合購入して集める事よりも使用する目的で購入しているので、購入したリールは全て分解&整備を行います。

今回購入の「Berkley 4200」はハンドルを回すとクルクルと心地よく回るし、表面についた「ホコリ」にアメリカ的ものを感じていたので、少々分解&整備に躊躇したのですが、中身を見てみたい衝動の方が先立ち分解&整備に着手しました。

シトシトと降り注ぐ雨を見ながらシコシコと夜な夜なパーツを磨く日々…(と、言っても2日位です。)

中身

昔のリールは昔の車みたいに中身はシンプルそのもの、今みたいにメカギッシリではなくスカスカですので、分解&整備といってもそんなに難しいものでは無く、こだわらなかったらすぐ完成します。

って事でこのリールも無事に完成しました。
Berkley 4200 組み立て056

ん~実釣したい。早くしたい。今すぐしたい。
でも、今夜も外は雨~。。

仕方無いので今夜も違うリールをいじくります。


組み立てている時の写真をココにUPしてありますので、もし何かのお役にたてるのならお気軽にご利用下さい。
ちなみに今回はい つも使うシマノのリール用グリスではなくのあえて硬いグリス(ホームセンターで売っている安いモリブデン入り)を使ってみてます。柔らかいグリスだとゴリゴリ感がUPする気がしたもので試験的に使ってみてます。

それでは~♪

最近雨多いですよね。

ども!ぷりおです。

最近雨多いですよね。
だけん夜はリールばかり触ってます。
リールの分解&清掃&組み立てって結構楽しいです。



古い小汚いリールを「このリールは今までどんな人が、どんな風に使って、どんな魚釣ってきたのかな?」
なんて考えながら分解して行くと、なかなか面白い。

いつ頃作られた歴史的な事を調べる楽しみ。
リールについたキズとか、内部のギヤとかの減り方、追加でつけられたパーツ等色んな想像をする楽しみ。
整備後の軽快になったリールのハンドルをカリカリと言う音を聞きながらクルクル回す楽しみ。
そして復活後に行う実釣の楽しみ。

なかなか理解してくれる人は少ないですが、私の場合、時間を忘れてしまいます。



昨日も、上のリールを分解&清掃したのですが、気がつくと1時半…

だけん今日は結構眠いです。


次に整備予定のリールを並べて写真を撮ってみましたけど、
いやーリールって本当に良いものですね。

それではサイナラ×3


byぷりお

衝動買い

ネットで存在を知って…
思わず衝動買いしてもた。。

箱入り…

中を開けると…

リール。。

1番新しいインスプールで、ラインローラーにはベアリング入りで、


カリカリ音も無し。

普段古めのインスプールを使う自分としては、現代版インスプールの使い心地には満足なのですが、手にしてみると気になる所も多少ありました。

◯回転が少々重い。
アウトスプールに比べて回転する部分の材料が多いから仕方ないのですかね?

◯糸巻き量に対してボディーが大きくて重い。
糸巻き量にはナイロン8lbで140mです。大きさはシマノの3000番と同等か少しし大きい感じです。しかも、ローター部分の重さが災いしてか重いです。

◯ローター部分はオリジナル形状ですが、本体部分の形状はシマノ的な感じです。(昔のナビとかに似てる?)
どうせなら完璧にオリジナル的な感じでにして欲しかった。

まあ、色々ありますが、使うのが非常に楽しみです。


それでは♪


ps
でも、おかげで金欠です(T_T)

追記
本文中に「1番新しいインスプール…」と書いてますが、考えてみたらバンスタールのリールもインスプールでしたね。この五十鈴工業製のリールも新品でまだ買えますが、生産自体は終了していますので、まだ、生産中のバンスタールの方が新しいかもしれません。
と、いうことを追記しておきますね。

国際宅急便

先日宅急便が届きました。

宅急便が届くぐらい別に珍しい事では無いのですが、この宅急便の宛名やその他が英語で書いてあり、
貼り付けてある伝票には「国際宅急便」と書いてある。
kokusai.jpg

中身は先日オークションで落札した「リール」なのですが、海外からの荷物なんて初めてなので何かカッコいい。

ドキドキしながら箱をあける。
hakoake1.jpg
一瞬アメリカのにおいがした気がした。

hakoake2.jpg
緩衝材をどかしていくと・・・

hakoake3.jpg
本体お目見え。

コンディションは値段相応でそれなりなのですが、実釣派の私としてはあまり気になりません。
何よりもパーツに欠品が無い事が嬉しい。

お盆中はこのリールのレストアで楽しく過ごせそうです。


それでは~♪

オリムピック エメラルド350 ドラグの不具合修正

ども!ぷりおです♪

今日は先日購入した「エメラルド350」のドラグにちょっとした不具合があったので素人修理をほどこしました。
エメラルド350ドラグ1

不具合というのは、スプールから糸を引き出した時に本来ならばスプールだけが回転しなきゃならないところを、ドラグノブ(つまみの部分)も一緒に回ってしまって、
糸がスプール出る→ドラグノブも回る→ドラグが締まる→最終的にスプールが止まり糸が出ない→ドラグの意味が無い。
と、いう状態でした。

もともとドラグを細かく調整するような人間でも無いし、そんな繊細でストイックな釣りをするスキルも無いし、インスプールリールだからもしもの時は逆回転をフリーにして、外側のくるくる回る部分を指で押さえて指ドラグやればいいかな?と思っていたのですが、将来的にaaaavant-gardeな adult anglerの略)を目指す39歳としては、ほんの少しの不具合も許すことが出来ず、スプール周りを一度バラして修正してみる事にしました。


続きを読む

嬉しい

ども!ぷりおです。
今日の私はとても機嫌が良いのであります。
理由は待ちに待ったGyroさん(本名Roddy Gyro-200)が昨日届いたからです。
86b8.jpg

このGyroさん生まれは1960年代という事は37才~46才で私よりも年上です。
Roddyというメーカーはアメリカのメーカーらしいのですがリールの制作は日本の稲村製作所というところがやっておりました。※もしかしたら年代的にダイワかも?(後に稲村製作所はダイワが釣具事業を始める際に吸収されます。)と言う事は日本生まれのアメリカ育ち、もしかしたらこのGyroさんは世界を渡り歩いた末に私の手元に来たのかもしれません。(↑のメーカーの説明などは間違っている箇所が多数あるかと思います。御指摘お待ちしております。)
そう考えるとなおさら嬉しいっす。

6cc6.jpg

このGyroさんご覧の通り「ベール」がありません。
代わりに「ピックアップピン」が装着されています。
普段は1枚目の写真の状態で、投げる時に中指などを使って2枚目の写真の状態にします。
そして投げ終わってバンドルを回すとピンが元の状態に戻り糸を勝手に拾ってくれます。(←たいそうに書きましたが今のリールと同じ事です。)

f471.jpg

いや~調子に乗ってもう一枚行っちゃいました~。今度は後ろからです。
このGyroさんの良い所は他にもあります。
年齢のわりにはそれなりに肌が綺麗、足腰(機関)がしっかりしている。それと何より欠品が無い!ってのが良い所です。
古い物は何でもそうなのですが、もう現在は製造されていません。(一部を除く)
ですのでパーツに欠品や破損箇所があると大変です。
メジャーな外国製品などはアフターパーツなども充実しているのですがそれ以外はなかなかパーツ入手が困難です。
その点このリールは完璧です。(箱などの付属品は一切ありませんが、実際に使用してノスタルジーを感じるのを目的とした私には関係ありません。←そうだったのか?)
お魚のマークの後ろにあるネジを開けるとそこにピンの予備が入っているのですが、それもちゃんと入っておりました。

そんな点でも大満足のお買い物でした。
今日も帰ってクルクルします。

今日は長々と自己満足を書いてすみません。
それでは~♪
プロフィール

ぷりお(purio)

  • Author:ぷりお(purio)
  • 「ぷりお」もうすぐ40代、嫁一人、娘四人、趣味:釣り、好きな俳優 中尾 彬。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
カウンター 2011.12.21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。